ウーマン

アトピー肌で悩まない|あなたも綺麗になれる

化粧品で予防とケアが可能

スキンケア

ケアを怠るとシミの原因に

成人してからも肌の悩みで多いのがニキビです。しっかりとケアをしないとニキビ跡が残る原因にもなります。特に気をつけたいのが赤みのあるニキビ跡です。なぜなら時間の経過によって、赤みのあるニキビ跡は茶色に変色し、最終的にはシミとなって残る可能性があるためです。このようにニキビ跡がシミを作るとケアが大変なため、その前に対策をすることが理想です。もっとも簡単にできるケアには化粧品を使った方法があります。ニキビ跡の赤みによるシミの予防にはビタミンC配合の化粧品が特に有効です。ビタミンCは美白作用を持っており、さらに活性酸素の除去効果もあります。このためシミの原因となるメラニン色素沈着を抑えて、肌の新陳代謝効果もアップします。ただし普通のビタミンCは肌に吸収されにくいので注意が必要です。できればビタミンC誘導体入りの化粧品を利用した方がシミ予防効果が望めます。

メラニン色素の沈着が原因

シミができるようなニキビ跡は、ニキビの症状の悪化が引き金です。ニキビが悪化すると炎症を起こします。この状態を長く繰り返すとニキビ自体は既に治っているにもかかわらず、赤みが残ることがあります。この症状を「炎症後色素沈着」と言い、ニキビ跡の赤みの正体です。ニキビ跡の赤みは特徴として、メラニン色素が肌の真皮層に沈着しています。真皮層にある真皮細胞は肌の奥深くにありますが、人の表皮部分は非常に薄く、平均約1.4mm程度です。このため真皮層にメラニン色素が沈着すると、それが表皮を透けて赤みに見える訳です。できてしまったニキビ跡の対策としては、ハイドロキノンやトレチノインといった美白成分配合の化粧品でケアをする方法があります。これらの成分は沈着したメラニン色素を排出させる効果をもたらすためです。